« δ 信じてた思いと信じたいと願う気持ち δ | トップページ | ★ 疲れて帰宅、彼の声で癒される ★ »

Ω うんざりだった一日 Ω

こんばんわ~^^ちゃみっちです。今日も晴れたぁ~でも、少し暑いカンジもあったけど、冷房が入ると真冬のように寒かった。でも、19時を過ぎてもまだ青空が見えてて夏が近い事を感じる一日となりました。色々とあるけど、5月も明日で最後となり、6月が来て今年も半分となりました。明日も晴れの一日なので、梅雨入りも近いとは思いますが、体調管理には気を付けていきたいものです。

ブログ更新後、仕事のスケジュールを確認忘れ慌てて確認して直ぐにPCを消して彼とも通話をしてましたが、色々と気遣ってくれるのでありがたいと日々思っています。通話も23時20分で切る事になって、楽しい会話も終わってしまい、本来なら寝ないといけないのですが、LINEバイトを見て色々と考える事になるのですが、出来る案件が無いので余計に悩む日々が続きそうです。

母にも注意を受けてたのですが、直ぐに見終えて直ぐに寝る事にしたのですが、疲れているのか直ぐに寝る事が出来たので良かったと思っています。朝は寝坊寸前でしたが、順調に食後も薬も飲み、身支度や着替えとあるのですが、今日もファンデーションをつけて時間も間に合ってたので、直ぐに準備をして出発となりました。

早目にバス停にも到着して、バスにも無事に乗れて良かったのですが、座る事も出来たので、ゆっくりしながらの通勤でした。繁華街に行き、いつもの道を行くのですが、銀行に寄るか悩んでたのですが、結局諦めて行き会社に向けて歩いて行きました。電車乗り場の近くのコンビニで昼食を買って行くのですが、電車も早い電車に乗れたので、直ぐに到着してロッカーに行きますが、バタバタと準備をして行くのですが、休憩所も人が少なくてゆっくりくつろげたので、助かりました。

でも、直ぐに仕事場に行く事となるので、ロッカーに戻って準備をしてから現場に行き、無事に到着をして、今日もホボ席替えの無い状態での作業でした。今日は一緒に作業をしてた人に色々と仕様が違うので聞いているのですが、嫌がるカンジで教えて貰う。ってカンジで一日仕事がやりづらかったです。

そんな一日でしたが、色々とある中でスッキリしない一日だったのですが、19時の終了までが長かったです。終わった時はホットしました。直ぐに日報を探して見付けたのですが、一枚目に名前があったので、直ぐに記入してダッシュで行くのですが、時間的には間に合ってたハズですが、休憩所に寄ったので時間が掛かり、結局遅い電車で帰る事になりました。

でも、到着してからはバスの時間も気にしてましたが、相変わらず走ってバス停に向かっていました。信号に引っ掛かり心配でしたが、信号が変わって走って行き、一番前を陣取り1停前のバスを待つ事にして、無事に乗れたし座れたので安心でした。

ゲームも順調にこなしていいカンジでしたが、直ぐに最寄り駅に到着して軽くゲームをやって帰宅ですが、また玄関に鍵をかけられ入れない。って事になったのですが、今日は母が気付いてくれたので、直ぐに中に入れたので、良かったです。

部屋に行き、色々とやる事をやって、夕飯もまだみたいだったので、PC起動してブログ作成と明日の業務確認をしてから、ブログ作成に本格的に取り掛かり、20分後くらいに母が夕飯食べようか?って事で、準備を始めてたので、いいところまで書いて直ぐに手伝いに入ってからの食事でした。食後は、片付けて薬も飲んで、洗い物をして布団も敷いて、洗顔もして彼からもメッセージが届いてたので、返事も送りつつ色々とやってました。

一通りやるべき事を終えたので、安心して彼と通話をしながらブログの続きを綴っている今でもあります。今日は腰痛も酷くて一日が苦痛でしたが、今も苦痛の中、明日の勤務に向けて気持ちを切り替えようと思っています。明日も頑張ろう。以上日記でした。

今日先週面接に行った先から合否が来ると思ってたのですが、無かったのできっと不合格だったのかな?って事を考えてしまうのですが、明日も色々と悩みながら過ごして行こう。って事を思っています。本日は、ご訪問ありがとうございました。m(_ _)m

|

« δ 信じてた思いと信じたいと願う気持ち δ | トップページ | ★ 疲れて帰宅、彼の声で癒される ★ »

恋愛」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

天気・季節・季候」カテゴリの記事

ボランティア・福祉・病気」カテゴリの記事

コミュニケーション・家族」カテゴリの記事

ビジネス・キャリア・オフィス関連」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Ω うんざりだった一日 Ω:

« δ 信じてた思いと信じたいと願う気持ち δ | トップページ | ★ 疲れて帰宅、彼の声で癒される ★ »