« Ω 震災の恐怖で眠れない夜 Ω | トップページ | Φ 余震に怯える日々と闘う Φ »

ξ 震災の恐さとブライダルのお話 ξ

こんばんわ~^^ちゃみっちです。今日は曇り空の一日で、少し肌寒い一日となりました。明日は天気も回復して気温も一気に上がる予報になっているのですが、被災地ではエコノミークラス症候群になる確率が増しているので、水曜辺りまで天気は良いので、避難生活をしている人は昼間歩いたりしながら、病気を未然に防いでくださいね。

ブログ更新後、彼と通話をしてましたが、寝たい・・って雰囲気だったのですが、少しだけ付き合って貰ってワタシが夜になると不安になって怖くて落ち着くまで寝れないので、10分くらい付き合って貰って直ぐに通話を切りました。そして、着替えて直ぐに布団に行くのですが、寝付けなくて大変でした。いつの間にか寝てましたが、朝も自然と目が覚めて夢を見たのか?また地震の恐怖もあるので、その揺れている夢を見ていた気がしています。

時計を見ると7時15分だったので母が起こしに来てくれてたのですが、起きてたので少し驚いていました。でも、直ぐには起きれなくて結局、いつも起きる時間に起きました。でも、余震の事に関しては色々なのですが、福岡に来る地震は少なくなったので、きっと被災地も落ち着いているだろう・・って事も思うけど、行方不明の方が多いので心配ではあります。無事に行く事を願っています。

でも、色々あったけど国営放送も通常放送に戻ったので、今現在の情報が無く不安ばかりが起きるのですが、色々とある中で絶対に放送は続けて欲しい・・って事だけは感じました。そんな朝でしたが、食事も早目に食べれたのですが、時間も無いので薬も急いで飲んで準備をして直ぐに身支度をしていたのですが、意外と寒いのでメイクをする前に洋服を1枚追加しました。でも、時間も無くて大急ぎでメイクして手抜きですが、無事に出来たので安心と思いながら色々やってたのですが、追跡を見ると6停前だったので、一瞬危険かな?って事も思ったのですが、何とか行く事も出来たので少し急ぎで出発しました。

信号もタイミング悪く待つ事になって心配だったのですが、信号が変わってからは渡ってバス停に着いたのですが、追跡を見てみると2停前でした。直ぐに来るのかな?って事を思ってたのですが、ナカナカ来ないので心配になったのですが、少し遅れての到着でしたが若干の混雑もあったのですが座れたので安心して音楽を聞く準備をして聞きながら書き込みをしてました。終わってからは色々考え事をしてたのですが、駅を通りすぎる所でした。慌ててボタンを押して準備をして下車して直ぐにコンビニで水分買って出勤なのですが、いざ到着してみると到着が早かったみたいで、入り口が閉まってて2人待ってました。色々と話ながら待っててやっと空いたので、無事に入れたのですが、意外と人数が集まらないのでゆっくりしながらベランダに出てみると、地震で灰皿の水が全部零れてたので掃除をしているのですが、悲しくなりました。気付いたらみんな集まりだして直ぐにフロワーに戻って色々と準備をするのですが、直ぐに朝礼になりラジオ体操をやって掃除となりました。

さぁ~どうなるのかな?って事であったのですが、綺麗に掃除するのに時間を要してましたが、無事に終わって片付けをして・・フロワーに戻ると大半が終わってたので席に座って色々と講座の準備をしてました。携帯でカツカツやってましたが、講座も始まり書き込みの多い講座なので苦痛に思いながら色々やってました。発表も適当だったし・・って所ですが、やっと終わった頃には午後が何も無いだけあるので、最後の感想文を書いている時にやっと終わった。って安堵感はありました。

無事に終わって少し時間もあったのですが、彼も起きた。って事もあったのですが、来る気配無いので心配してたけど、お昼になった頃に出勤してきたので嬉しかったです。午後になり、やる事が無くて携帯でSNSをやったりしてたけど充電が出来ないので頻繁には使えないし、彼も休憩時間に来たのですが、直ぐに面談となりました。1人ぽっちの時間が増えました。午後も始まり、人も3人まで減って暇なのでPCで色々と見てたりしたのですが、ハローワークも更新が無いので、見ていても溜め息しか出ないので指輪について百貨店のサイトがあるのか?って事で、色々と見てたのですが、新人スタッフで色々と命令口調で威張りだしているスタッフが来たので、直ぐに画面を消してPCからログアウトして席に戻る事にしました。

休憩して退屈を緩和させたり携帯で色々と指輪の事について調べてみると、金額が高額すぎてお話にならない。って思った事。彼に内緒にする事も出来ないので、色々考えるのですが、話し合う時間も無いので色々心配ではあるのですが、彼は面談中なので会話が出来ない事もあり、暇でした。日記も書いて日報も適当に書いて・・ってカンジなのですが、やっと時間も15時を過ぎて彼も面談から解放されて休憩してたのでワタシも行ったのですが、彼が今から帰るぞ。って事で、軽く話しただけの状態でお互いに休憩を終わらせてフロワーに行き、席に座って直ぐ色々やらなくちゃ・・って思っている頃に彼は早退して行きました。

それからは、日報を片付けて日記を預けて急いでメイク直しをして大急ぎでしたが、無事に完成してあと5分くらいで終礼になっていたので、慌てて片付けてましたが、バタバタしている最中に終礼となって直ぐに終わり解散になりました。帰り道でハローワーク組が戻って来てましたが、スタッフも居て間に合わなかった事でガッカリしてました。そして、別れて直ぐに急いでバス停に向かって今日は買い物が沢山あるから、簡単に終わる方から行く事にしたのですが、実際に行って直ぐにチェックをしてからは、無事に目的の物がGET出来て直ぐに支払と受け取りをして店を出て次はファッションビルに行くのですが、意外と距離があったので、驚いたのですが、まぁ~無事に行った事と担当者不在だったので、買い物もあっと言う間に終わる事が出来たのですが、同じ階にアクセサリー店がある事を思い出して冷やかし程度に・・って思い店に行き、プラチナを見せて貰ってたのですが、結構居座ってしまっているのですが、色々な意味合い等色々と教えてくれているのですが、色々な種類の指輪を数十個付けてみたのですが、今付けている指輪に関しても綺麗に磨いてあげますよ。って事で預けて指輪の由来等の話を聞いてました。付けた感じとか金額とか色々と見てたのですが、いいのもあったけど金額もなぁ~・・って事も感じたのですが、ワタシが決める事では無いので、金額やデザインは参考にしつつ多くの指輪を付けてました。

一通りの説明も終えてデザインの雰囲気もあるので、アクセサリー店の店員さんが色々と親切にメモ等を書いてくれてパンフレットに付箋を付けて一度一緒に見てみてくださいね。って事で、指輪を貰ったのですが、見違えるくらいシルバーの指輪が輝きを取り戻していました。彼も一緒だったら・・って事も思うのですが、明日も逢えるので今は早く見せてあげたいと思っています。納得したところで店を出たのですが、あまりにも親切に対応してくれるので、驚きました。それからは、真っ直ぐにバス停に向かって行くのですが、日が長くなっている事で感覚も鈍っていますが、無事にバス停に行き、1台混雑してたので次を待って無事に座れたので助かりました。

無事に家に到着して、両親に挨拶をしてからは直ぐに部屋に行きPC立ち上げて彼にLINEしてましたが、今日はヘルパーさんが来る日なので、終わるのを待ってたのですが、取り敢えずブログ作成をしなくちゃ・・って事を思ったので、ブログ作成に取り掛かりますが、地震の事が気になっているので、国営さん開いたのですが放送が終わってて地震の情報のタラップが流れていました。揺れない事を願いつつブログを綴り19時前に終わったみたいで、少しの時間通話をする事にしてアクセサリー店の話をしてました。彼も興味を持ってくれたみたいで嬉しかったのですが、少し今回プラチナを買うにあたっての意味合い等を話していると、夕飯に呼ばれたので一旦切って食事としたのですが、食後は父が食器を片付けているのですが、ワタシも食事が終わって父の手伝いとして食器を片付けていました。

直ぐに薬の準備ですが、飲み終えたところで両親の韓国旅行でワタシのデジカメを持って行くらしく使い方を教えてあげて・・って事だったので、教えてあげようとした時の事です。緊急地震速報で携帯3台が鳴り響き驚いたのですが、回転している風に揺れ出して恐かったのですが、時間的にも長かったので余計に驚きました。直ぐに部屋に行き彼に大丈夫?って聞いてみると、大丈夫。って返事があったので安心でしたが、母の事もあるのでリビングに戻って直ぐに使い方を教えて説明もして何とか納得してくれたみたいなので、安心しました。

それからは、部屋に戻ってブログ作成の続きと色々ですが、彼とも通話をしているのですが、結局は指輪の話になっているのですが、話せば長くなるのですが、彼も明日通院の帰りにファッションビル行こうかな?って事も言っているので、彼は彼に任せて行こうかな?って事も思うので、ブライダルリングなのでお互いに首を絞めあいはせず、楽しい記念日にして行こう。って思っています。日記でした。余震もまだ強いので気を付けてお過ごしくださいね。では、本日はご訪問ありがとうございました。震度2~3だろうだ・・みなさん逃げられる準備必要なので逃げて行ける様にしましょうね。

|

« Ω 震災の恐怖で眠れない夜 Ω | トップページ | Φ 余震に怯える日々と闘う Φ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

天気・季節・季候」カテゴリの記事

メンタルヘルス」カテゴリの記事

ショッピング」カテゴリの記事

コミュニケーション・家族」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ξ 震災の恐さとブライダルのお話 ξ:

« Ω 震災の恐怖で眠れない夜 Ω | トップページ | Φ 余震に怯える日々と闘う Φ »