« Λ 浮いたり沈んだり悩める一日 Λ | トップページ | ◇ 言葉の至らなさが全ての現実 ◇ »

Σ 楽しみな日が恐怖に変わる Σ

こんばんわ~^^ちゃみっちです。今日はポカポカで暖かく日差しもあった小春日和でした。明日も天気は良いとの事ですが、気温も同じくらいの予報なので安心しているのですが、天気は直ぐに変わってしまうので、色々と心配ですが無事に一日が終わる事を願っています。

ブログ更新後、チラッと副業の案件を見てたのですが、ずっと体調も悪いので画面を見るのも辛くなり、彼とは通話してましたが、彼もアウト・・って言われたので、PCを消して彼とギリギリまで話をしてました。翌日はフラゲなので彼に名義を借りてしまったので、彼付き添いでのフラゲとなるので、頑張って起きてね・・って事といつもなら12時半には全部終わるので、その様に打ち合わせをしてました。彼も頑張ってくれる・・って事だったので、迷惑掛けてしまうのですが、了承してくれた事で安心して通話を切って着替えて就寝としました。

無事に眠れた事は良かったのですが、翌日は今通院している大学病院の精神科受診が最後なので、ゆっくり眠れるのですが、これからはゆっくり出来そうにも無いので、色々心配もあるのですが、まぁ~無事眠って起こされて・・体調も波が激しくてキツクて起きれないのですが、時間もヤバイので直ぐに起きて着替えてましたが、両親は食事をしてたので急いで朝食を食べてました。終わって直ぐに薬を飲んで準備をして・・メイクは簡単に済ませてからの準備でした。

彼からも起きた。ってメッセージを貰っていて安心でしたが、約束時間12時半です。さぁ~どうなるのかな?ってところですが父が早目に出てくれた事で、忘れ物の確認を済ませて少しでも早くに行かなくちゃ・・って思いで、出発して父と合流してからは直ぐに病院へと行くのですが、途中で渋滞にハマって進まない車だし、早く出ても意味が無い・・って事もあったのですが、色々とある中遅い時間に無事病院に到着したのですが、今日が最後・・って事もあるので、色々と挨拶しておきたい。って事で付き添いで担当スタッフが来ているので、直ぐに合流して受付を済ませて精神科外来ですが、到着確認を済ませて座ろうとすると普段だと有り得ない人々の山でした。診察室の場所を確認してから空いている席に座って、色々と待っている間はスタッフと色々と話をしてました。

元々が交流が無い担当スタッフなので、色々と説明をしながら待っているのですが、診察自体は直ぐに呼ばれて今の状態と状況を伝えているのですが、色々あるのですが最後なので何も対処をやって貰えず病状と仲良くなれ・・って事等を言ってました。自宅を出てから緊張発作を珍しく起こしたので心配でもあったのですが、色々とある事ではあるのですが、対処無しだし、鬱も10日続いている・・今も波がある・・って事を伝えているのですが波と上手く付き合え・・との判断になり紹介状を作ってないので、直ぐに作るので待ってて欲しい・・って事で診察も終わって待合室で待つのですが、時間もお昼過ぎで相当な時間待たされて彼は自宅出た。ってメッセージが届いて焦ってたのですが、やっと書類が出来て受け取り急いで会計に行くのですが、多いのか少ないのか解らないくらいでしたが、無事に受付終わらせて友達に手紙を投函してからは、スタッフと合流して会計が終わるのを待っていましたが、今日は終わったら用事があるので・・って事を改めて伝えて連絡する。って事を伝えて間に合わなかったらごめんね。って事を伝えていると会計に呼ばれたので、急いで支払をして手帳を貰って、直ぐに処方箋を貰って父と合流して・・スタッフは父に挨拶をして施設に戻るのに地下鉄で移動・・って事だったので、直ぐに別れて急いで駐車場に行き、無事病院を出る事となりました。

でも、帰りも車が多く病院出た時点で12時半を過ぎてて彼は、待ち合わせ場所に着いたとメッセージが届いてとにかく焦ってました。でも、車は動かないし彼も怒りだしていて言葉も怪しくて・・薬局に到着したのはいいのですが、一包化は出来ていて直ぐに渡して貰えるのかな?って事を思ってたし、患者さんも居なくて薬を見ながら色々やってたので、何度も威圧じゃないですが、今何をしているのか?って事で座ったり立ったりしてました。急いでいるのに気にする事も無く、呼ばれて行くのですが、薬は変わってないと言いながら薬を見せようとしてました。直ぐに拒否して一緒なら確認する必要無いですよね。と言い直ぐに支払をして急いで片付けてダッシュで隣のコンビニに行って用事を急いで済ませて父と合流ですが、時間は13時を過ぎてたので、彼の怒りが倍増になってました。

父にもとにかく時間遅れているから近くで止めて・・って事をお願いして駅的には隣なので車でも5分くらいで到着するのですが、彼にメッセージを送っても返事無しで・・到着して急いで降りて信号もタイミング良く渡れたので、無理して走って彼が待つ場所に行き無事に合流ですが、彼は事情を汲んで無く怒った状態で彼は急いで行き、引き替えて直ぐにその場で開封しろ。って事でした。色々と準備もあるのに先に行ってしまうし早くしろ。と怒る一方で何度も謝っているのに態度は変わる事はありませんでした。

彼の行く様にタワレコに行くと展示が無くて不安にもなって、彼に名義を借りた用紙を渡してカウンターに行き、ワタシの分もまとめて渡す事で、引き渡しは出来たのですが、彼は急いで行け。って事だし、タワレコに行く寸前でも彼がその場で開けろとか、移動は面倒だとかさっさ行け。等の暴言を吐いてて何度も事情も伝えているし謝罪もしているのに彼は強引だったので、恐かったのですが耐えられなくて号泣してました。彼は泣く事は無いだろ。時間の無駄だ。と一喝です。でも、名義違っても直ぐに受け取りが出来るので、色々ですが無事にレジまで行き、支払もポイント使って少し安く買ってからの商品受け取りでした。

彼も居たのですが、ここで開けろ。って事で、偶然椅子を見付けたので、店を出た所の位置なので開けても大丈夫な位置なので無事に開封ですが、3枚開けるのですがお目当てのメンバーが連続で来て彼は他は後でにしろ。さっさと片付けろ。って事だったので、片付けてどこかに行くぞ。って事で彼の後を付いて行くのですが、近場のミスドで食事をする事にしたのですが、お詫びに食事おごる・・って伝えてたので、彼は払う気みたいでしたが、言った言葉は守らなくちゃ・・って事も自分の中にあるので、彼に伝えて彼は高いドーナツを3個と氷コーヒーを注文してワタシはドーナツ1個とカフェオレにして会計1300円でした。ポイントで浮いたお金が一度に消えた瞬間でもありました。

席もいい位置をGETしてたので良かったのですが、彼はこれから通院なので、打ち合わせしたり、残りのDVDを開けてトレカ探しですが、見事に欲しいメンバー3人が揃ったので嬉しかったです。彼もあまり話をしないし、施設に出勤しようか?って事でしたが、鬱だったら行く必要無しとか、行く時間までココに居る等々でした。会話が少なくて自分的にもどうしようでしたが、ひたすら謝る事と言い訳しか出来なくて彼も許す。って言葉は無くて・・また泣きそうにもなるのですが、彼の笑顔が少なかった様にも思います。でも、彼を置いて今から出勤する。って事も言えないし、鬱になっている事は理解してましたが、彼は15時過ぎに出る。って事で、施設に連絡をして今用事が終わって間に合わないので・・って事を伝えて彼との時間を過ごしてました。

でも、今付けているマニキュアにしても彼はダークすぎる。と言われたり、色々と細かい事を言いだしました。でも、色々と相談もして解決出来たのですが、態度が違ってたりしてたのですが、色々とある中ではあるけど時間も15時になって彼は今体調悪いなら買い物に行くな。と言い、バス停まで送るから・・って事もあって彼も病院に行くのに時間は心配でしたが、彼は静かに自宅で寝てろ。って言葉を残してバス停に行き、バス到着を見て直ぐに消えて行きました。

次の駅で降りようか悩みましたが、降りるのもなぁ~って事とか、体調も悪いし荷物も多いし・・って事で、真っ直ぐ帰宅しました。帰宅して両親は驚いてましたが、明日以降から自立支援の変更をしなくてはいけないので母に病院から貰った書類を預けたり、色々と説明もしたのですが、明日手続きに行くと言ってたので、預けて説明もして無事に行けました。

次に部屋に戻りPC立ち上げて今日GETしたトレカを写メしていました。無事にUP出来たところで、ブログ作成ですが、気分の波が変なので色々と彼の怒ったりキレたりしている姿ばかりが思い出されます。本当に怖くて・・このまま結婚しても大丈夫なのか?と考えながらブログを綴っています。

これからどうなるのだろう・・って事で、今日の日記これまで・・少し体調悪いから寝て何とか考えよう。って事で、おやすみです。明日も元気で笑顔でお会いしましょう~本日は、ご訪問ありがとうございました。m(_ _)m

|

« Λ 浮いたり沈んだり悩める一日 Λ | トップページ | ◇ 言葉の至らなさが全ての現実 ◇ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

天気・季節・季候」カテゴリの記事

メンタルヘルス」カテゴリの記事

コミュニケーション・家族」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Σ 楽しみな日が恐怖に変わる Σ:

« Λ 浮いたり沈んだり悩める一日 Λ | トップページ | ◇ 言葉の至らなさが全ての現実 ◇ »